お役立ち★健康診断サポート業者6選

トップ > 健康診断のお得情報 > 自らの身体を守る健康チェックの方法とは

自らの身体を守る健康チェックの方法とは

日本人の平均寿命は世界一ですし、昔に比べると元気な高齢者が増えています。
背景には様々な要因がありますが、最も大きいのが医療体制の充実ではないでしょうか。
日本人の三大死因は、がん、脳卒中、心筋梗塞です。
これらが危険な病気であることは確かですが、早期の発見で九割以上は治ると言われています。
手術や薬の進化も著しいですし、恐れる時代は終わっていると言えます。
病気を克服して社会復帰を果たした人もたくさんいますし、日本の医療レベルは世界でもトップクラスだと言えます。
ただ、その根底にあるのが健康チェックではないでしょうか。
簡易なチェックを含めてになりますが、最低でも一年に一度は医師に診てもらうべきです。
かかりつけ医を持っておくことで、いざという時に何でも相談することが出来ます。


もちろん、人間ドックを含めた健診も重要な意味を持ちます。
40歳を超えるとがんになる確率が上がりますし、胃や大腸の内視鏡検査を受けておくべきです。
かつては苦痛を伴う検査でしたが、近年は随分と楽になっています。
初期のがんであれば内視鏡で取り除くことが出来ますし、入院の期間も短くて済みます。
心身と経済的な負担が軽減されるので、これは大きなメリットと言えるのではないでしょうか。
肺がんやすい臓にも注意が必要ですし、生活習慣を見つめることが重要ではないでしょうか。
肉や魚を控えて、野菜を多く食べることが鍵になります。
早寝早起きと適度な運動を心がけることで、病院のリスクは半減すると言われています。
保険料の引き下げにも関係してきますし、国民全体で考えるべき課題と言えそうです。


もう一つ注目を集めているのが、セカンドオピニオン制度ではないでしょうか。
一人の医師の診断ではなく、他の病院の医師の診断を推奨するシステムです。
これが導入されてからは医療ミスが少なくなっていますし、医師とのコミュ二ケーションも円滑になっているようです。
治療の方針を決めるのは医師ですが、その最終判断は患者自身がきめることが出来ます。
ターミナルケアの認知度も上がっていますし、日本もようやく患者ファーストになっていると言えます。
医師と患者が対等な関係になることで、更なる医療の発展が望めるのではないでしょうか。
無論、長期の療養になると保険の加入は必須です。
通院給付金が手厚い保険も増えていますし、自らの身体に合わせた医療保険を考えるべきです。
健康と経済面は、切っても切り離せません。

カテゴリー