daasとはどのようなシステムなの?

IT用語として聞かれることの多いdaasとは、PC上で操作を行うデスクトップ環境をクラウド上に展開し、インターネットで接続した形で利用することができる仕組みのことです。「Desktop as a Service」の略となり、操作に必要となるOSやアプリソフトは総てインターネットから接続されるサーバー上に存在し、ユーザーはそこに繋げることで利用する形となります。ユーザー側としては、モニターと操作するキーボード、マウスなどが必要となるだけで、記憶容量を必要とするハードデスクを必要としないため、その管理や設置場所が不要となります。また接続して使用できる点からインターネットに接続できる端末であれば、どの端末からもアクセスでき、例えば設置型PC、タブレット、スマートフォン、ノートPCといった具合に使い分けることも可能です。

daasには三つの形態が存在する

インターネットなどの接続環境が存在すれば使用できるdaasとは、優れたサービスですが、それを提供する形態には三つ存在します。まずプライベートクラウドDaaSがあり、これは文字通り特定の企業だけの専用の環境を提案するものであり、セキュリティ面に優れている特徴があります。しかも使用の仕方もその企業の使い勝手にアレンジできる快適性も存在します。二つ目にバーチャルプライベートクラウドDaaSで、これはアプリケーションやミドルウェア、OSなどを仮想デスクトップ環境に載せて運用する形態です。三つ目のパブリッククラウドDaaSは、誰でも利用できる様にITリソースを利用できる環境となるDaaSを複数社で活用したり、より幅広い形でサービスを行える形態となります。いずれから活用するシーンに合わせて、利用を検討することが優れています。

dassを活用することでのメリットは

この様にdaasとは、ユーザーが本来、PCなどを使用する上でのインターフェース環境がクラウド上に存在することですが、幾つかのメリットが存在します。一番、メリットとして大きいのは、手元にサーバを持たずデータを保管しないためウイルスが感染されたファイル保存しないことです。そのためPCなどがウイルスに感染された状態での稼働がないため、データ漏えいやPCに損傷を与える可能性も低くなることで注目されています。またサーバ自体を手元で管理しなくても済むため、ハードデスクを導入する費用やメンテナンス費用も一切、かからない点もあります。それ以外にも月額で費用する体制も整っているため、即時に導入しやすく、またサーバを管理するための専門の要員も不要となります。この様なメリットも多いため、企業がdaasを活用することは注目されています。