daasとは何かを分かりやすく解説します

daasとはDesktop as a Serviceの略で、個人用のデスクトップの環境をクラウド上に構築するサービスのことです。ネットワークを使ってデスクトップ環境を呼び出すことが可能となり、基本ソフトを始めとして、全てのソフトやデータがネットワーク上のサーバーに置かれることになります。利用者の端末としては、画面表示機能とキーボードなどの操作機能に限定され、OSやアプリケーションソフト等の全ての機能はサーバー上で動作するようになります。daasのメリットとしては、自宅のパソコン以外の他の端末からも操作できることで、ノートパソコンをはじめ、スマートフォンやタブレットでも利用することが出来ます。操作できるデスクトップ環境としては、アイコンやウィンドウをはじめ、ツールバーや背景画像、そしてデスクトップウィジェットまで含まれており、ユーザーインターフェイスのほぼ全てを網羅しているわけです。

daas導入によるセキュリティの向上

daasとは、物理的にコンピューターとデスクトップ環境を切り離すことで、自宅などのパソコンにデータやプログラムを保管する必要がなくなるサービスです。その為、ウィルス感染のリスクに対しても強くなります。個人のパソコンでは、OSのアップグレードに合わせて、セキュリティプログラムを更新する必要がありますが、daasであればホストサーバーが全てセキュリティ対策を施されているので、万全の体制になっているわけです。daasの形態としては、大きく3通りに分かれており、一つがプライベートクラウド型です。これは、特定の企業向けに構築されたサービス環境で、クライアント専用になっています。物理的には独立しているので、セキュリティに関しては安全性が確保されており、操作性に関してもカスタマイズされています。通常は月額制の課金モデルになっており、初期投資を抑えられるメリットがあります。

daas導入に際しての注意点について

daasとは、一言で言えばデスクトップのクラウド利用サービスで、サーバー共有型とVDI等、様々な方式があります。前者は一つのサーバーのOSを複数の利用者で共有するものです。また、VDIではクライアントのOSをサーバーの仮想環境で稼働させることで、ユーザー毎の配信を可能にします。因みにVDIとは(Virtual Desktop Infrastructure)のことで、サーバー上において稼働する仮想マシンに、クライアントのパソコンが接続するためのサービスを意味します。デスクトップ環境をサーバー側でコントロールするかクライアント側でコントロールするかで分かれており、前者はリモート方式と呼ばれ、後者はクライアントハイパーバイザー方式と呼ばれています。daas導入に際しては、エンドユーザーが今後不便にならない対策を立てておくことが必要になります。また、ネットワーク環境が脆弱だとレスポンスが悪くなる恐れがあるので、LAN環境を含めたシステムとの整合性を確保しておくことが重要です。