daasとは?仕組みを正しく理解しよう

daasとはDesktop as a Serviceの略であり、個人用デスクトップをネットワーク上に設置されたコンピューターであるサーバーで運用している業務システムから提供するというものです。これにより社員は保有しているそれぞれのパソコンやタブレット端末を使いネットワークを通じてアクセスすることで仕事環境としてのデスクトップ環境を呼び出し、そこに用意されているソフトウェアを使って業務を行うことが可能になります。一見すると無駄なように仕組みですが、業務システムで一括してOSやソフトウェアの導入と更新を行えるため会社で保有するパソコンのメンテナンス費用を大幅に削減することができますし、またデータはサーバーに保存されるので個々のパソコンなどでデータを扱うよりも失うリスクが低いといったメリットがあります。

業務環境を効率化するためのdaasとは

現代においてデスクワークのすべてにおいてコンピューターの存在は欠かせないものとなっていますが、一方で、一人ひとりにパソコンや情報端末を与えて、それらを独自に作動させるというのは必ずしも効率の良い方法とはいえません。そこでそれらの業務環境を効率化するための方法がdaasになります。daasでは、クラウド上、つまりネットワーク上のサーバーに業務システムを設置し、その業務システムがアクセスしてきた社員に対してデスクトップ環境を提供するというものです。社員はデスクトップ環境を通じて仕事を行い、データも業務システムに保存されるというものです。一見すると無駄なように見えますが、システムをネットワークに設置することで、それまで一台一台に必要としていたOSやソフトウェアのメンテナンスを大幅に軽減することができ、データの管理もしやすくなるメリットがあります。

daasとは。導入するメリットとデメリットについて

daasを導入するメリットとしては、業務システムを安全なネットワーク上に配置することで災害に対して強みがあるということです。これらはセキュリティや災害に対応したデータセンターのサーバーに設置されるため、会社が被災したとしてもデータは守ることができますし、定期的にバックアップされているのでデータを失うリスクが低いメリットがあります。また末端で使用するパソコンやタブレット端末などが破損しても新しいものを用意することができれば、すぐに同じデスクトップ環境が提供されるので仕事の再開をスムーズにできるといったことです。一方でデメリットとしては、ネットワークへのアクセスが出来なければ任意のデスクトップ環境を呼び出すことができないことがあります。このため通信障害が発生した場合には仕事に支障を来すことになります。